歯列矯正と床矯正

Pic 1

歯列矯正治療というと、どうしてもイメージ的にあの独特のワイヤーを口の中に入れ、かなり長期にわたって生活を送らなくてはいけないというイメージがあります。実際、成人を過ぎてしっかり歯の土台が固まってから受ける歯列矯正治療においては、そのようながっちり固める方法でしか歯列矯正治療は出来ないことになっています。
しかし、中にはそのような強力な器具を使うことなしに気軽に行うことのできる矯正方法もあります。「床矯正」と呼ばれる方法がそれで、床矯正装置は簡単に取り外しができ、締め付ける力が通常の矯正装置ワイヤーに比べてゆるめにできていることが特徴となっています。一見便利そうな床矯正装置ですが、この方法にはメリットとデメリットがそれぞれあります。
まずメリットから説明をすると、取り外しが可能なので日々の食事や歯のブラッシングといった動作を制限されることなく行えるという点が挙げられます。ほかにもデートや写真を撮る行事への参加など、急な場面での対処も可能なので、矯正器具ををつけているということに気を使いながらの生活を送らずにすみます。
しかし、通常のワイヤー型の矯正器具に比べ、取り外し可能な床矯正装置はその分治療の効果が薄まってしまうという欠点があります。また、固定型ではないので、しゃべるときにやや違和感を感じることがあったりします。さらに、固定方向が一定にしか対応できず、三次元的なねじれを起こしている歯並びには対応することができません。