プチ矯正とは

Pic 1
最近は、気軽に顔の気になる部分を整形する「プチ整形」というものが流行っています。ところで、歯列矯正治療においてもこの「プチ矯正」があることを知っているでしょうか。もっとも「プチ矯正」という言葉自体はどこかの歯科医師が流行に乗るつもりで名付けたもののようです。
歯列矯正治療における「プチ矯正」とは、歯並びの根本的な改善を目指すものではなく、あくまで審美目的で歯の形などを整える方法のことをさしています。簡単に言えば、かみ合わせの改善までは行わない、前歯だけの形状変更といった簡単な方法だけでの歯列矯正のことです。
しかしながら、本来歯並びの悪さが生まれる原因は長年のアゴの動きやかみ合わせの不具合です。歯並びが悪い人の歯を見ると、奥歯に当たる部分の歯が前方に異常に偏っているなど、歯の根元の部分に異常が起きていることがほとんどです。プチ矯正ではこれらの深部には一切手を付けず、人の目に触れやすい前歯だけに治療が行われるようになっています。
歯科学的な観点で言えば、このプチ矯正はあまりお勧めできる方法とはいえません。歯は一見なんとも無いように見えても、削ったり無理に動かしたりすることで大きなダメージを受けてしまいます。これらは若い時期にはわかりづらいのですが、老齢時に一気に蓄積が表に出てくることがあります。とはいえ、現在深刻に歯並びにコンプレックスを持っている人などにとっては、気軽に歯並びを直せるプチ矯正はよい方法ということができます。