歯列矯正治療前の検査

Pic 1
歯列矯正治療を行う前には、どの歯科医院を利用する場合でも必ず精密検査を受けることになります。歯列矯正治療に必要な精密検査では、歯型やレントゲン写真などの資料によって治療方針を立てるというだけでなく、ゴールとなる理想的な歯の位置までもきちんと計画を立てるのです。これは、歯列矯正治療のために抜歯をするしないにかかわらず必ず事前に確認されなくてはいけない事項です。
歯並びの良し悪しにかかわらず、人間の歯型はその人固有のもので、二人と全く同じ歯型をしている人はいません。そのため、歯列矯正治療を行う前には、その人個人専用の矯正プランを立てる必要があるのです。歯科医の多くはそれまで自分が診療してきた経験などにより、治療の結果として得られるものを予想しますが、必ずしもその予想通りに治療が進む保証はないのです。
しかし、正確に精密検査をしていくことで、より的確な歯列矯正治療を行うことができるようになります。精密検査が終わった段階で、自分にどのような治療が適切であるかの提案がされることになります。もし抜歯のありなしなど希望があれば、きちんと治療計画を立てる前に伝えておくようにしましょう。
そのとき、必要な治療費用や時間についてもきちんと確認をしておくことが大切です。質問することは決して悪いことではなく、その後の長い治療期間にしっかり信頼をして任せることができるかの判断材料になります。もし不満などが合って解消されないなら、治療前に転院を考えてもいいでしょう。